アラキドン酸の効果について知りたい!

アラキドン酸ってみなさんは聞いたこと、ありますか?
最近、このアラキドン酸は注目されているんです。

 

このアラキドン酸は、私達の脳活動の栄養分として大切な存在なんです。
アラキドン酸が不足すると以下のようなことが起こります。

 

<アラキドン酸が不足すると…>

 

  • ど忘れ、物忘れが多くなる
  • 集中力が続かない
  • 人の名前が出てこない
  • 体に元気がない気がする

 

などの変化が見られます。


こういった変化は、高齢者に多いといわれています。
何故なら60〜70代になると健康志向になります。
すると、「体に悪いから」といって肉などの脂物を控えたり、
あまりバランスの良い食事を摂ろうとしないからなのです。

 

つまり、突然物忘れが多くなった、
人の名前が思い出せないなどの鮮明な判断が付かない場合は、アラキドン酸が不足していると考えられるのです。

 

アラキドン酸には脳を元気にする効果がある。

 

アラキドン酸には、脳を活発にして、脳の学習能力や記憶力などを
向上させる効果があるといわれています。とある実験では赤ちゃんのうちにアラキドン酸を配合させたミルクを与え続けたところ、
与えなかったほうと比べて、与えた方の赤ちゃんは行動量が多いのです。

 

つまり、アラキドン酸を与えると頭の良いというか、活発で元気の子どもに育つということなのです。

 

なぜ大人にもアラキドン酸が必要なのか?

 

赤ちゃんのうちに与えておけばアラキドン酸は不足しないと思っていませんか?
残念ながらアラキドン酸は、加齢とともに減少していくといわれています。

 

さらに、高齢者になるとアラキドン酸の摂取量が少なくなるので、痴呆症などにかかりやすくなってしまうのです。
また、若い人でもダイエットだからと肉を控えたり、魚を控えるなどをするとアラキドン酸が不足してしまいます。無理なダイエットはせず、アラキドン酸を摂るようにしましょう。

 

アラキドン酸はどこで補うのか。

 

基本的にアラキドン酸は、リノール酸が体内でアラキドン酸に変わるものもあれば、アラキドン酸自体を摂取することができます。
サプリメントも出ていますが、なるべく肉や魚、タマゴなど食べるように心がけましょう。