オメガ3脂肪酸とアラキドン酸の関係とは?

アラキドン酸は、脳に良い脂肪酸としてサプリメントも出るほどの
効果がある体に嬉しい栄養素です。ただ、摂り過ぎはよくありません。

 

アラキドン酸の効果や副作用などを探すと、必ず出てくるのがオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸とオメガ9脂肪酸という言葉です。中でもオメガ3脂肪酸がアラキドン酸の悪さを抑える効果があるのです。

 

<オメガ3脂肪酸とは?>

 

そもそもオメガ3脂肪酸とは一体何者なのでしょうか。
その正体は、DHA・EPA・α-リノレン酸の脂肪酸。
ARA(アラキドン酸)、リノール酸がオメガ6系脂肪酸。
そして、不飽和脂肪酸である。オレイン酸がオメガ9系脂肪酸といわれています。これらは、必須脂肪酸なのですが、体内で生成することはできません。

 

脳の発達にいいとされて注目されているアラキドン酸ですが、
アラキドン酸だけをたくさん摂り過ぎると、アラキドン酸が体内で悪さをするようになります。その悪さは、炎症物質を生産してしまう悪さです。

 

アラキドン酸の悪さを阻止してくれるのが、オメガ3系のリノレン酸やDHA、EPAなどの脂肪酸です。また、オレイン酸もアラキドン酸の悪さを抑えてくれる効果があります。

 

オメガ3脂肪酸/オメガ6脂肪酸は組み合わせて摂るのがキホン!

オメガ3脂肪酸/オメガ6脂肪酸は元々体内にあるものなのですが、加齢とともに不足してしまいます。
体に良いとされていたひまわり油や紅花油から摂れる「リノール酸」ですが、リノール酸だけでなく
、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」も組み合わせて摂取するとバランス良くアラキドン酸を補うことができます。

 

 

アラキドン酸は、肉や魚、卵に多く含まれています。つまり、魚をオリーブオイルで食べたり、肉をひまわり油などで炒めたりすると、いいということです。
サプリメントも出ていますが、サプリメントで摂る場合、オメガ3脂肪酸/オメガ6脂肪酸がバランス良く含まれているものと一緒に摂ると効果的です。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスのいい摂取量は1:4の割合と言われています。

 

 

歳をとるほどアラキドン酸は減っていく

 

何故アラキドン酸が注目されているのかといいますと、
歳をとればとるほど、アラキドン酸は減っていきます。
特に60代〜70代は脂っこいものやお肉を控えるので、
物忘れが多くなったり、集中力が切れやすくなってしまうのです。
ですから、アラキドン酸を適量に摂ることが大切なのです。
アラキドン酸配合のサントリーオメガエイドはこちら